倫理的な AI は未来でしょうか? 責任ある AI の開発と応用に向けた世界的な規制と業界の動きを探ります。
人工知能がさまざまな分野に及ぼす変革的な影響により、その潜在力とリスクを効果的に管理するための倫理的指導と規制監督の必要性が強調されています。
この注目は AI の成熟に不可欠な要素ですが、どれだけ規制や監視を強化しても、これを実現するのは全員の参加です。インターネットが世界に与えた不可逆的な影響と同様に、AI の影響も同様に甚大なものになりそうです。
最近の動向は、AI の倫理的課題への対応が緊急に必要であることを強調しています。EU が最近署名した AI 法は、医療や教育などの高リスク分野での被害を軽減することを目的としており、より広範な規制環境の土台を築きます。同様に、2023 年 10 月のバイデン大統領の大統領令は、安全でセキュリティが高く、信頼できる AI を確保するための米国の積極的な一歩であり、より広範な規制環境に関する議論の土台を築きました。
こうした進化する規制アプローチは、「高リスク」AI システムがリスク軽減システムや人間による監視を含む厳格な規則を遵守する必要があることを浮き彫りにしています。この方向性を定めるにあたり、私たちは世界人権宣言などの既存の枠組みを参考にして、基本的人権と尊厳を尊重する倫理的な AI 規制の策定を導く必要があります。
関連: AI は完全に説明可能でも倫理的でもない (それが私たちの課題です)
AI エコシステム全体にわたって、組織は倫理的な AI 開発と実装の必須事項に取り組んでいます。実際、EY の最新データによると、米国の従業員の大多数は AI に不安を感じています。これを念頭に置くと、リーダーシップが AI の広範囲にわたる影響について深く理解し、倫理的かつ責任ある AI の適用に投資することにコミットすることが重要です。このコミットメントは、単なるコンプライアンスを超えた共通の道徳的指針によって推進され、組織文化そのものに織り込まれる必要があります。
業界の同僚である Boundree の CEO である Joe Bluechel 氏と Atgeir Solutions の最高製品責任者である Manish Kumar 氏との最近の会話で、組織が採用しているアプローチの 1 つが「責任ある AI ライフサイクル」フレームワークであることがわかりました。これは、倫理原則に照らしてビジネス仮説を評価することから、展開されたモデルを監視して倫理基準の逸脱を監視することまで、あらゆる段階で倫理的な AI 開発を保証します。ただし、これに関して見落とされがちな考え方の 1 つは、これが「チェックボックス」イニシアチブであるという感情です。継続的な改善が必要です。これは、プライバシー、透明性、倫理コンプライアンスへの取り組みを強調しながら、フィードバック ループを通じて実行できます。
関連: 生成 AI に対して強制力のある倫理規制は必要か?
フレームワークを超えて、倫理的な考慮がコアソフトウェア開発プロセスに組み込まれています。設計およびアーキテクチャのフェーズでは、セキュリティフレームワークを組み込むという確立された慣行と同様に、ユーザーストーリーと受け入れ基準で倫理的な懸念が明示的に扱われるようになりました。
AI の影響力が拡大するにつれ、透明性と説明責任の促進が重要になります。倫理的な AI を実現するための具体的な行動を推進するには、組織、政策立案者、業界リーダーによる共同リーダーシップが不可欠です。これには、新興 AI 技術から生じる潜在的な倫理的課題の継続的な分析、準備態勢の徹底的な推進、継続的な倫理教育と意識向上イニシアチブの推進が含まれます。
包括的な設計原則、チームの多様性、固有の偏見に対する堅牢な対策も、社会のあらゆる層に利益をもたらす公平で公正な AI ソリューションを追求する上で重要な要素です。しかし、AI が急速に進化し続けるにつれて、新たな疑問や複雑さが生まれています。
AI の境界のない性質を私たちはどのように乗り越えていくのでしょうか?
関連: AI バイアスは人工知能の致命的な欠陥か?
AIにとって「普遍的に好ましい行動」を発見できるでしょうか?
AI の「憲法」をどのようにして起草し、批准し、改正できるのでしょうか?
規制枠組みへの参加を望まない人々を規制するという課題にどう対処すればよいのでしょうか?
公平性や排他性という単一の焦点を超えて、「名誉」などの多面的な道徳観念を AI に植え付けるにはどうすればよいでしょうか。
間違いなく、AI 開発者、政策立案者、業界リーダーの間での継続的な対話と協力によって、前進への道が開かれます。協力することで、最高水準の人権と道徳原則を遵守する、倫理的で責任ある、社会的に有益な AI の進歩を目指すことができます。
AI が成熟するにつれ、私たちは知恵と先見性、そして倫理的な開発への確固たる取り組みをもってその複雑さを乗り越えなければなりません。AI の大きな可能性を活用しながらリスクを軽減し、テクノロジーの進歩が私たちの共通の価値観やより良い世界への願望と一致する未来を確実にするには、共同の努力が必要です。
シニアソリューションアーキテクト、Northal
Nortal のシニア ソリューション アーキテクトである Newell Rice は、高度な分析、最新のデータ パイプライン アーキテクチャ、クロスクラウド、マルチリージョン ハイブリッド ソリューションの開発を専門としています。
DevSecOps で DevOps を強化する方法
生成型 AI: 2024 年のユースケースとリスク
*複雑なクラウド環境における最新の監視の必要性
企業がサイバーレジリエンスを維持する上での最大の障害
セキュリティ自動化を使用して人手不足、アラート疲れなどを解決する
2022年ネットワーク管理の現状
2022 年の ITOps と SecOps の現状
DevSecOps で DevOps を強化する方法
生成型 AI: 2024 年のユースケースとリスク
エッジコンピューティングのエッセンシャルがデジタルオペレーションを推進
アイデンティティセキュリティの展望 2023-24
Forrester Wave™: 2023年第4四半期のガバナンス、リスク、コンプライアンス プラットフォーム
エンタープライズ監視向け G2 Grid® レポート | 2024 年冬
*なぜDDIなのか? ネットワークにDNS、DHCP、IPアドレス管理を統合することが重要な理由
[バーチャルイベント] 2024 年のサイバーレジリエンス: 可用性こそが最高の能力
*複雑なクラウド環境における最新の監視の必要性
企業がサイバーレジリエンスを維持する上での最大の障害
セキュリティ自動化を使用して人手不足、アラート疲れなどを解決する
2022年ネットワーク管理の現状
2022 年の ITOps と SecOps の現状

元記事: https://www.informationweek.com/machine-learning-ai/designing-a-charter-for-navigating-the-evolving-ethics-of-ai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください