先月、ニュルンベルクで開催された Embedded World に国際的な組み込みコミュニティが集まり、約 50 か国から 1,100 社を超える出展者と約 32,000 人の来場者が訪れ、この展示会は組み込みコミュニティ全体にとって引き続き重要であることを実証しました。

「成功の追求は孤独な活動であるとよく考えられますが、Embedded World 2024 はそれとは正反対で、過去最高の数の参加者と出展者が一堂に会し、組み込み技術について学び、その未来に目を向けました」と、マウザー エレクトロニクスの EMEA マーケティング担当副社長、グラハム マッグスは述べています。「今年、私たちが行った会話では、コネクティビティ、エッジ AI、セキュリティが最前線にありました。」
マグスに参加した他の多くの人々と同様に、マグスも、過去数年に比べてはるかに改善された経験だったと感じています。
「Embedded Worldは活気を取り戻した雰囲気を示しており、市場で見られ始めている回復の兆しと相まって、2024年後半は興味深いものになると期待されます。」
マッグス氏は、コネクティビティ、エッジ コンピューティング、セキュリティとともに、人工知能が今年のショーの主要テーマであると指摘しました。ニューラル ネットワーク操作をサポートし、音声認証やコンピューター ビジョンなどの実際のアプリケーションで AI を利用できる半導体について議論し、宣伝している企業は確かに数多くありました。
今年のショーのその他のトレンドとしては、測位システムの精度と信頼性を向上させるセンサーフュージョンや、AI、機械学習、センサーの統合を意味するスマート組み込み技術の成長などが挙げられます。
出展者や来場者と話をすると、ソフトウェア定義車両の開発やADASの継続的な開発、IoTとロボット工学における新たなイノベーションなど、他の話題も前面に出てきました。
しかし、どのような議論であっても AI は大きな位置を占める傾向があり、多くの人が AI を使用して成長を促進し、よりスマートになるだけでなく、より効率的になることを検討していました。
インテルはこのテーマに沿って、ショー開幕前に開催されたパートナー向けイベントでは、ネットワーキング、エッジコンピューティング、AI に重点を置きました。
インテルのネットワークおよびエッジ グループの副社長であり、連邦および産業ソリューション部門のゼネラル マネージャーである Christine Boles 氏は、ソフトウェア定義の製造について、またエッジ コンピューティング上のさまざまな種類の AI が産業システムの不可欠なコンポーネントになりつつある理由について詳しく語りました。
インテルは、GPUとCore Ultraシリーズのニューラルプロセッシングユニットを組み込んだエッジ向けの2つの新しいインテルCoreプロセッサ、新しいAtomプロセッサ、エッジ向けのインテルArcディスクリートGPU、Agilex 5システムオンチップフィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)を搭載した多数の新しいチップを発表しました。
また、同社はこの機会を利用して、Intel パートナー アライアンスにおける新しい「エコシステム イニシアチブ」である Industry Solution Builders プログラムを立ち上げました。このプログラムは、特定の業界向けのコミュニティを立ち上げ、Intel のパートナー プログラム全体および標準化団体のパートナーや顧客を巻き込んで連合を形成し、オープン ソフトウェア フレームワークを提供し、トレーニングとサポートを提供することを目指しています。
Alif Semiconductor の社長兼共同創設者である Reza Kazerounian 氏は、エンドポイント AI と AI、機械学習、センサーの統合に関する同社の取り組みに焦点を当てました。
「今年、当社は数多くのヨーロッパの顧客と面会し、組み込みシステム向けオンデバイス人工知能分野の最前線における当社の地位を固めることができました。
「コスト、消費電力、サイズの制限により、設計者がエンドポイント AI アプリケーション用の従来の GPU ベースのプロセッサに苦戦する中、Alif の機能と提供内容は注目を集めています。当社の答えは、オンチップのニューラル プロセッシング ユニット (NPU) を搭載した統合マイクロコントローラとフュージョン プロセッサにあります。」
そのために、Alif は Embedded World で Balletto ファミリーを立ち上げました。
「これは当社のアプローチを実証するものです。Bluetooth Low Energy (BLE)、Matter プロトコル サポート、NPU を 1 つのチップに統合することで、Balletto は開発者がローカル音声認識やノイズ低減などのインテリジェント オーディオ機能をデバイスに直接追加できるようにします。これにより、スペースが限られた設計で DSP (デジタル信号プロセッサ) などの追加コンポーネントが不要になります。」
Alif によれば、これらのデバイスは、AI/ML ワークロード向けのハードウェア最適化を特徴とする世界初の Bluetooth Low Energy (BLE) ワイヤレス マイクロコントローラです。
デバイスの Arm Cortex-M55 コアは、160MHz で EEMBC CoreMark スコア 704 を達成し、Arm Helium M プロファイル ベクトル拡張 (MVE) を搭載しているため、DSP パフォーマンスが 500% 向上します。Balletto には、Cortex-M55 CPU に加えて、最大 46 GOPS を実行できる Arm Ethos-U55 ニューラル プロセッシング ユニット (NPU) も搭載されており、大容量の 2MB 密結合メモリ (TCM) を搭載しているため、AI/ML モデルのハードウェア アクセラレーションによってオーディオ機能が拡張されます。
BlackBerry は、Embedded World で、レイテンシとジッターの低減、および繰り返し可能な決定論を実現することで次世代ロボット システムを支援することを目的とした AMD とのコラボレーションを発表しました。
同社のブースで新しいロボット アームによって実演されたこのプラットフォームは、リアルタイムの基礎ソフトウェア ソリューションにおける BlackBerry QNX の専門知識と QNX ソフトウェア開発プラットフォーム (SDP) を、AMD の Kria K26 SOM を搭載した異機種ハードウェア ソリューションと組み合わせたものです。この組み合わせにより、センサー フュージョン、高性能データ処理、リアルタイム制御、産業用ネットワーキング、ロボット アプリケーションでの遅延の削減が可能になります。
「BlackBerry QNXのこのソリューションとAMDとの協力により、重要なロボットタスクが毎回同じレベルの精度と応答性で実行されることを保証する統合ソフトウェアハードウェア基盤が提供されます」と、BlackBerry QNXの製品および戦略担当副社長、グラント・クールビルは述べています。「これらは、急成長している自律移動ロボットや外科用ロボットなどの細かく調整された操作を実行する業界にとって非常に重要な特性です。」
その他、デジタルセキュリティやIoTソリューションの開発も発表されました。
Kudelski IoT は、同社の keySTREAM IoT セキュリティ製品により、世界トップクラスのマイクロコントローラおよび接続 IC メーカー 4 社のチップのプロビジョニングが可能になったことを明らかにしました。これにより、デバイス OEM は、工場または現場での IoT 製品のプロビジョニングを自動化および合理化し、セキュア エレメント、MCU、Bluetooth、Wi-Fi ソリューションなど、多種多様なチップを介して在庫管理とクラウド コンピューティング サービスへのオンボーディングを簡素化できます。
このプロビジョニング サービスにより、OEM は主要なチップセットを自由に選択できるようになり、統合されたプロビジョニング プラットフォームも提供されます。2 つの異なるモデルが提供されます。
プレミア統合モデルは、Kudelski IoT と半導体メーカーの緊密な連携により実現したもので、チップセット自体に keySTREAM プロビジョニングおよびライフサイクル管理のインフラストラクチャを組み込み、製品とサービスを 1 つの製品にまとめています。この目的のため、Microchip の ECC608 TrustMANAGER が Kudelski 初のプレミア統合として発表され、Microchip 製品の統合部分として keySTREAM を利用したセルフサービス ルート証明機関と現場プロビジョニング サービスが含まれています。
もう 1 つのモデルは共同パートナーシップであり、STMicroelectronics、Infineon、Silicon Laboratories は現在、OEM 向けのオプション サービスとして keySTREAM インフィールド プロビジョニングを提供しています。
Kudelski IoT のシニア バイスプレジデントである Hardy Schmidbauer 氏は、次のように述べています。「多くの IoT デバイス メーカーにとって、セキュリティ プロビジョニングは手間のかかる手動プロセスであり、エラーが発生しやすいものです。トップ IC メーカーと提携することで、プロビジョニングはこれまで以上にシンプルで自動化され、安全なプロセスになります。」
IoT に目を向けると、Silicon Labs は、マルチプロトコル MG26 SoC、Bluetooth LE BG26 SoC、PG26 MCU で構成される新しいワイヤレス SoC および MCU ファミリ xG26 を発表しました。これらは、他の Silicon Labs マルチプロトコル デバイスの 2 倍のフラッシュと RAM を備え、Matter などの新しいアプリケーションに対して IoT を将来にわたって保護するように設計されています。
「消費者から産業部門まで、ユーザーが IoT 導入からより多くのメリットを引き出すにつれて、その要件は着実に増加しています」と Silicon Labs の CEO である Matt Johnson 氏は述べています。「新しい xG26 ファミリは将来を見据えて構築されており、デバイス メーカーは現在の設計が将来の需要を満たすという自信を持つことができます。」
MG26 は Matter 向けですが、このファミリーの他のデバイスは Bluetooth LE および Bluetooth Mesh 向けに最適化されており、PG26 は CCTV カメラ、リモコン、子供のおもちゃなどの非接続アプリケーションに低電力インテリジェンスをもたらします。
今年の展示会では、Synaptics が Synaptics Astra プラットフォームに加え、組み込み AI ネイティブ IoT (モノのインターネット) プロセッサの SL シリーズと Astra Machina Foundation シリーズ開発キットを発表しました。
Synaptics Astra AI ネイティブ コンピューティング プラットフォームは、AI への投資を検討している顧客を支援することを目的としており、スケーラブルなハードウェア、統合ソフトウェア、適応型オープンソース AI フレームワーク、パートナーベースのエコシステム、ワイヤレス接続を使用して IoT エッジ デバイスの設計に構造をもたらします。
「SL シリーズは、スケーラブルなエッジ AI IoT コンピューティング ソリューションのロードマップの高性能部分を実現します」と Synaptics の IoT プロセッサ担当 SVP 兼 GM 兼最高製品責任者の Vikram Gupta 氏は述べています。「しかし、当社の使いやすい AI フレームワークと組み合わせることで、お客様はインテリジェントな IoT 製品をはるかに迅速に市場に投入できるようになります。」
ArmのIoT事業部門のSVP兼GMであるポール・ウィリアムソン氏は次のように述べています。「エッジAIは、スマートホーム、都市、農業、小売業など、さまざまな市場でユースケースを変革しています。Arm搭載のAstraプラットフォームは、この次世代のAIエクスペリエンスに必要なパフォーマンスとインテリジェンスを提供します。」
詳細な C/C++ ソフトウェア コード分析を専門とするフランス系米国企業の TrustInSoft は、ソフトウェアの安全性とセキュリティについて数学的に証明された保証を提供し、ソフトウェアのテスト時間とコストを大幅に削減しており、TrustInSoft Analyzer のいくつかの新機能を発表しました。
これには、抽象解釈ベースの静的解析のための入力カバレッジ メトリックの導入や、数十億のテストをエミュレートする際の入力一般化レベルの追跡の有効化が含まれます。
TrustInSoft の CEO である Caroline Guillaume 氏によると、これらの新しい機能は入力カバレッジの追跡を大幅に強化し、開発者がコード分析のギャップを発見して修正し、比類のない正確なテスト カバレッジをはるかに簡単に達成するのに役立ちます。
「TrustInSoft Analyzer のこれらの進歩は、ゼロ欠陥ソフトウェアに対する数学的保証を提供する当社の能力を強化するだけでなく、特に自動車、IoT、防衛分野の業界標準にも準拠しています」と Guillaume 氏は述べています。
以上が、今年の Embedded World の簡単な概要です。確かに非常に忙しいショーでしたが、ようやく 2020 年と COVID パンデミック以前のショーの熱狂的な雰囲気に戻りました。
参加した企業の多くはエッジ AI に重点を置いていましたが、電力効率やより持続可能なデバイスの提供にも大きな関心が寄せられていました。
セキュリティもこれまで同様に重要でしたが、今年のショーではソフトウェア開発がより顕著に表れたようです。
システムが複雑になるにつれて、特に IoT 開発においてはソフトウェアの品質がより重要になるのは確かです。
今日では、自動車、住宅、さらには衣服までもがインターネットに接続されており、これらのデバイスが期待どおりに動作することを保証することが重要になっています。
企業は、ソフトウェアが IoT 製品の生命線であることを必ず覚えておく必要があります。

元記事: https://www.newelectronics.co.uk/content/features/smarter-more-efficient-technology

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください