テクノロジーの先駆者である李開復氏が設立した北京の新興企業は、消費者向けの初の人工知能アプリケーションを導入しており、これは中国がこの有望なテクノロジーを活用できるようにするための一歩となる。
リー氏の会社01.AIは、同社が開発中の一連のAI製品の最新作として、無料の生産性アシスタント「Wanzhi」をリリースする。マイクロソフトのOffice 365 Copilotに似たこのアプリは、ユーザーがスプレッドシートや文書、スライドプレゼンテーションをより迅速に作成するのに役立つが、主に中国市場向けに作られている。このアプリは、財務報告書を解釈したり、会議の議事録を取ったり、イーロン・マスクの60万語の伝記ほど長い本を速読して概要を素早く伝えたりできる。このアプリは中国語と英語で動作する。
ブルームバーグとのインタビューで、リー氏は、中国が関心、採用、投資を加速させるためには、中国独自のChatGPT(2022年にリリースされ、国内では禁止されているOpenAIのチャットボット)が必要だと語った。
「米国人にとって、その瞬間は17か月前に起こった」とリー氏は北京からのズーム通話で語った。「中国のユーザーにはChatGPTの瞬間はなかった。これまで、中国のチャットボットやツールはどれも十分ではなかった」
オープンAI、メタ・プラットフォームズ、アルファベットなどの米国企業が生成型AIでリードする一方、中国勢は追いつこうと必死だ。01.AIに加え、百度やTikTokの親会社バイトダンスなどのテック企業は、独自のAIモデルやチャットボットサービスの開発に資金を注ぎ込んでいる。北京も財政的、政策的な支援を行っている。北京が外国のAIモデルを禁じているのは、厳格な検閲体制が一因だが、いわゆるグレート・ファイアウォールにより、国内企業が世界的な競争相手と競争することなく巨大な国内市場を確保できることも保証されている。
台湾生まれの62歳の同氏は、10年以上前に自身のベンチャーキャピタル会社を設立する前にはアップル社とグーグル社で働いており、昨年01.AIの最高経営責任者に就任した。この新興企業は、いくつかの主要な基準でシリコンバレーのライバル企業を上回ったオープンソースのAIモデルの力で、8か月以内に評価額10億ドル、つまりユニコーン企業としての地位を獲得した。
同社は、Wanzhiに加えて、企業ユーザー向けに、AIチャットボットの基盤となる技術である、より大規模な独自の大規模言語モデル「Yi-Large」も導入している。
ソフトウェア開発者は、Yi-Large モデルを競争力のある価格で利用できるようになる。リー氏によると、このモデルのアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) の価格は、入力トークン 100 万個で 2.50 ドル、出力トークン 100 万個で 12 ドルで、開発者はおよそ 100 万トークンで約 250 回のクエリを送受信できる。これは、OpenAI の GPT-4 Turbo よりもはるかに安いと同氏は述べた。
01.AIは、多くの中国企業と同様、米国政府が主要なAIサービスのトレーニングに使われるH100などの高性能チップの輸出禁止を計画していることが明らかになると、NVIDIA社から「グラフィックス・プロセッシング・ユニット」半導体を買いだめした。リー氏の会社に投資した中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングはH100を追加供給し、01.AIはやや遅くて性能も劣るNVIDIA H800プロセッサでその需要を補った。
「当社のモデルは、中国に合法的に持ち込まれたH100sプロセッサでトレーニングされています」とリー氏は言う。「必要は発明の母です。私たちは利用可能なコンピューティングからできる限りのものを絞り出します。」
リー氏は、多くの世界的なAIスタートアップとは対照的に、01.AIは収益化に近づいていると述べた。中国と世界のデータセットでモデルをトレーニングした後、リー氏はモデルとアプリを世界規模で展開し、来年の収益拡大に向けて国内外の顧客を獲得する予定だ。
リー氏の会社は、1カ月半に及ぶユーザーテストを経て、より包括的な機能を備えたPCブラウザ版のWanzhiと、メッセージングサービスWeChatからアクセスできるモバイル版をリリースしている。同氏は、TikTokの中国版であるDouyinのビデオチュートリアルに出演し、潜在的なユーザーを指導している。
「2024年は中国における生成AIアプリケーションにとって爆発的な年となるだろう」とリー氏は語った。
リー氏は、数週間以内に2億5000万ドルのプレシリーズAラウンドの第2トランシェを締め切り、年末までにはシリーズAの投資家探しを始める予定だと語った。同社はまた、効率を最大限に高め、コストを抑えるために、ハードウェアとソフトウェアのプロセスを合理化している。
「GPT-5が登場したら、我々は後れを取ることになるだろう」とリー氏は、OpenAIが噂する次世代AIモデルについて語った。しかし、01.AIは、巨大で高価なモデルを作るのではなく、AIを手頃な価格にすることに重点を置いている。「巨大で素晴らしい宇宙船を作ることはできるが、それでサクラメントからサンフランシスコまで行けるだろうか?」

元記事: https://fortune.com/asia/2024/05/13/china-still-waiting-for-chatgpt-moment-kai-fu-lee-ai-expert-wanzhi-chatbot-openai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください