AI は、新たな技術革命と産業変革を推進する戦略的テクノロジーとして、新たな産業の発展の重要な原動力の 1 つとなっています。ChatGPT ブームに後押しされ、AI とそのアプリケーションは世界中で急速に普及しています。産業の観点から見ると、NVIDIA は現在、AI チップ市場でほぼ絶対的な優位性を維持しています。
一方、Google、Microsoft、Appleなどの大手テクノロジー企業も積極的に競争に加わり、チャンスを掴もうと競い合っている。Meta、Google、Intel、Appleは、NVIDIAなどの企業への依存を減らすことを期待して、最新のAIチップを発売した。MicrosoftとSamsungもAI開発への投資計画を立てていると報じられている。
最近、複数の世界メディアの報道によると、Microsoft は MAI-1 と呼ばれる新しい AI メガモデルを開発しているとのこと。このモデルは、規模において Microsoft がこれまでにリリースしたオープンソース モデルの一部をはるかに上回り、パフォーマンスの面では Google の Gemini 1.5、Anthropic の Claude 3、OpenAI の GPT-4 などの有名な大規模モデルに匹敵すると予想されています。報道によると、Microsoft は今後開催される Build 開発者会議で MAI-1 をデモンストレーションする可能性があるとのことです。
AI コンピューティングの需要の高まりに応えて、マイクロソフトは最近、ウィスコンシン州に AI インフラストラクチャを構築するために数十億ドルを投資する計画を発表しました。マイクロソフトは、この動きにより 2,300 の建設雇用が創出され、建設が完了すると最大 2,000 のデータセンター雇用に貢献できると述べています。
さらに、マイクロソフトはウィスコンシン大学ミルウォーキー校に新しい AI ラボを設立し、AI 技術のトレーニングを提供する予定です。
マイクロソフトの米国における投資計画は33億ドルに上り、これに日本、インドネシア、マレーシア、タイでこれまでに発表された投資額を加えると、AI関連分野における投資額は110億ドルを超える。
マイクロソフトの最近の発表によると、同社は今後2年間で日本におけるクラウドコンピューティングとAIインフラの強化に29億ドル、今後4年間でインドネシアにおけるデータセンターの構築を含むクラウドサービスとAIの拡大に17億ドル、今後4年間でマレーシアにおけるクラウドコンピューティングとAIに22億ドル、そして10万人以上の人々にAIスキルトレーニングを提供することを目的としたタイ初のデータセンター設立に10億ドルを投資する計画だという。
Apple はまた、同社初の AI チップである M4 も発表した。Apple は、M4 チップのニューラル エンジンは同社がこれまでに開発した中で最も強力なもので、現在の AI PC のどのニューラル プロセッシング ユニットよりも優れていると紹介した。Apple はさらに、今年、生成 AI の分野で「新境地を拓く」ことで、ユーザーに変革の機会をもたらすと強調した。
ウォールストリートジャーナルの報道によると、Apple はデータセンターのサーバーで AI ソフトウェアを実行するために設計された独自のチップの開発に取り組んでいる。報道で引用された情報筋によると、サーバーチップ プロジェクトの内部コード名は ACDC (Apple Chips in Data Center) だという。報道によると、ACDC プロジェクトは数年前から進行中だが、この新しいチップが実際に稼働するかどうか、いつ市場に投入されるかは現時点では不明だ。
技術ジャーナリストのマーク・ガーマン氏も、Apple が今年、自社製チップを使用してクラウドに AI 機能を導入すると示唆している。ガーマン氏の情報筋によると、Apple はクラウド コンピューティング サーバーに高性能チップ (Mac 用に設計されたものと同様のもの) を導入し、Apple デバイスで最先端の AI タスクを処理する予定だという。より単純な AI 関連機能は、iPhone、iPad、Mac デバイスに組み込まれたチップによって直接処理され続ける。
韓国メディアZDNet Koreaが引用した業界筋によると、サムスン電子のAI推論チップMach-1は、マルチプロジェクト・ウェーハ(MPW)アプローチを使用してプロトタイプ生産を開始する予定であり、サムスン社内の4nmプロセスをベースにすると予想されている。
サムスンは以前、株主総会で自社製のAIアクセラレータチップ「Mach-1」を2025年初頭に発売する計画を明らかにした。サムスンのAI開発戦略における重要なステップであるMach-1チップは、特定用途向け集積回路(ASIC)設計に基づいて構築され、LPDDRメモリを搭載したAI推論アクセラレータであり、エッジコンピューティングアプリケーションに特に適している。
サムスン電子のDS(半導体)部門の責任者であるキョン・ギェヒョン氏は、このチップの開発目標は、アルゴリズムを通じてオフチップメモリとコンピューティングチップ間のデータボトルネックを1/8に減らし、効率を8倍向上させることだと述べた。同氏は、Mach-1チップの設計はフィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)技術の検証を受けており、現在はシステムオンチップ(SoC)の物理的実装段階にあり、2024年後半に完成する予定であり、2025年初頭にはMach-1チップ駆動のAIシステムが発売される予定であると述べた。
サムスンは、AIチップMach-1の開発に加え、汎用人工知能(AGI)研究に重点を置いた専用研究所をシリコンバレーに設立しました。その目的は、将来のAGIシステム処理要件を満たすことができる新しいプロセッサとメモリ技術を開発することです。

元記事: https://www.trendforce.com/news/2024/05/13/news-tech-giants-pick-up-steam-in-ai-sector/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください