AI を解読する: 機械知能の未来を明らかにする
米国国立標準技術研究所 (NIST) は、生成型人工知能に関する 3 つの標準案について、積極的に一般市民の意見を聴取する措置を講じてきました。この取り組みは、急成長中の分野に関するガイドラインを NIST に策定するよう義務付けるバイデン大統領の AI に関する大統領令に沿ったものです。議論をリードするという NIST の取り組みを示す NIST の推奨事項は、米国内だけでなく世界中でベンチマークとなることを目指しています。
NIST が生成型 AI のリスクに対抗するための分類法を提案 NIST の最初の提案である「AI リスク管理フレームワーク: 生成型人工知能プロファイル」は、誤情報の危険やサイバーセキュリティの脅威など、生成型 AI に付随する多数のリスクに対処しています。この文書では、これらの危険を軽減するための 400 を超える戦略の概要を示し、ガバナンス、マッピング、測定、管理に基づいた構造化されたアクションを提供しています。このフレームワークでは、リスク管理ポリシーを企業プロセスに統合し、組織固有の戦略を策定することに重点を置いています。
AI 開発におけるセキュリティとデータの整合性の強化 2 番目のドキュメントでは、セキュア ソフトウェア開発フレームワーク (SSDF) を拡張し、AI トレーニングとソフトウェアのデータ品質に対処する新しい推奨事項が盛り込まれています。これらのガイドラインでは、データの整合性とモデル パラメータへの不正アクセスからの保護を強調するとともに、厳格なデータ衛生とモデル展開後の継続的な監視を推奨し、すべての関係者間の責任共有モデルを強調しています。
合成コンテンツの課題への取り組み 最後に、「合成コンテンツがもたらすリスクの軽減」では、AI 生成コンテンツを本物のコンテンツと区別するという困難な課題に取り組んでいます。NIST のレポートでは、デジタル ウォーターマークやメタデータ追跡などのアプローチ、および人間の専門知識によって強化されたコンテンツ検出システムを提案しています。ただし、NIST の専門家は、これらの方法が完璧ではないと警告しています。
包括的なアプローチを継続するこの報告書では、有害なコンテンツの作成と配布を防ぐための偽造防止技術と技術的対策の有効性をテストおよび評価するための指示も提供しています。NIST の目標は、これらの偽造検出ツールのより広範な採用と有効性を確保するために、世界的に認められた技術標準を達成することです。その中で、バイデン政権の地政学的戦略は、これらの標準を国際基準として確立することであり、これは生成 AI の世界的な戦略的重要性の証です。
人工知能標準の関連性 米国国立標準技術研究所 (NIST) による人工知能標準の開発は、さまざまな業界で AI が急速に拡大し統合されていることを考えると、特に重要です。これらの標準は、AI 開発、リスク管理、セキュリティに関する明確なガイドラインを確立することで、実践を調和させ、相互運用性を確保し、ユーザーと開発者間の信頼を育む可能性があります。
主な質問と回答: Q: NIST が提案する標準規格で生成 AI に重点を置くのはなぜですか? A: 生成 AI は、ディープフェイクの生成やデータの操作など、セキュリティ、プライバシー、信頼に重大な影響を及ぼす可能性のある固有の課題とリスクをもたらします。NIST は、生成 AI の標準規格に重点を置くことで、これらのリスクを軽減することを目指しています。
Q: 標準化された AI フレームワークは、テクノロジー業界にどのような影響を与えることができますか? A: 標準化されたフレームワークは、AI 開発の一貫性を促進し、システム間の相互運用性を向上させ、AI アプリケーションが特定の倫理的および安全基準を満たすことを保証できます。これにより、潜在的な悪用を管理しながら、導入とイノベーションを加速できます。
主な課題と論争: AI 標準に関連する主な課題の 1 つは、イノベーションと規制のバランスを取ることです。AI 開発のペースが速いため、標準が制限的すぎたり、すぐに時代遅れになったりすると、イノベーションが阻害されるのではないかと懸念されています。さらに、特にデータのプライバシー、倫理的配慮、AI システムに内在する潜在的な偏見に関して、AI のガバナンスをめぐる論争もあります。AI システムの透明性と説明責任を確保することは、標準が取り組むことを目指す重要な課題です。
利点と欠点: 利点: – AI システムへの信頼と信頼性の向上。 – 生成 AI の悪意のある使用から保護するための安全性とセキュリティ対策の改善。 – 倫理的な AI 開発慣行の促進。 – 国際協力の強化とグローバルベンチマークの設定。
デメリット: – 厳格または過度に規範的な標準により、AI イノベーションが妨げられる可能性があります。 – AI テクノロジーの進化のペースが速いため、標準を最新の状態に保つことが困難です。 – 標準を遵守するためのコストと複雑さにより、中小企業にとって参入障壁となるリスクがあります。
人工知能とその標準化に関する追加情報については、米国国立標準技術研究所の公式 Web サイトにアクセスして、AI 標準に関する取り組みに関する最新の詳細なリソースを参照してください。
住所 ts2.ai Aleje Jerozolimskie 65/79 00-679 Warsaw, Poland
営業時間 月曜~金曜:午前9時~午後5時
AI、機械学習、ブロックチェーン、IoTなど、今日のトップトレンドテクノロジーを探る

元記事: https://elblog.pl/2024/05/12/us-national-institute-of-standards-and-technology-champions-ai-standards/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください