最初はブラウザ・カンパニーのArcウェブブラウザ、そして今度はソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームXの人工知能(AI)ツールGrokです。AIプラットフォームは現在、特定のサイトのコンテンツの要約を作成するように訓練されており、ニュース出版社へのトラフィックへの影響や、オンライン情報経済に害を及ぼす誤解を招くコンテンツの生成と拡散の可能性に対する懸念を引き起こしています。
先週、Xは、同社のAIサービス「Grok」がプラットフォーム上で話題になっている出来事をニュースポイントや出来事に関する追加解説とともに要約すると発表した。このサービスは、プラットフォームの「Explore」ページの「For You」タブで利用可能になる。ユーザーがストーリーをタップすると、記事やニュース自体のテキストではなく、プラットフォーム上で行われている会話に基づいて要約が生成される。現時点では、このサービスはXの有料ユーザーのみが利用できる。
X でニュース イベントやトレンド トピックの要約を提供することは目新しいことではなく、ソーシャル ネットワークが Twitter と呼ばれていた頃にジャック ドーセットが率いた機能だったが、プラットフォームが AI を使用してイベントの要約を作成するのは今回が初めてである。
これにより、通常は国内外の主要な出来事を報道するニュース出版社に X が送信するトラフィックが減少するのではないかと多くの人が懸念している一方で、X の Grok のソース データが基本的にソーシャル メディア プラットフォームに人々が投稿している内容であることを考えると、X の Grok が生成できる要約の品質についても懸念が生じている。
ジャーナリストや信頼できるニュース出版社は、徹底した倫理基準とファクトチェック基準に裏打ちされた記事をこのプラットフォーム上で共有しているが、このプラットフォームには誤情報の問題もあることが知られている。また、Grok は基本的に特定の展開に関する X での会話に依存するため、システムが正確な情報とそうでない情報をどのように判断するかは不明である。
さらに、AI ツールが事実の情報源として見なされるべきかどうか疑問視する声も多数ある。業界の多くの人々は、AI ボットは幻覚の問題を抱えているため、権威あるニュースソースになるよりもクリエイティブなタスクの方が得意だと主張している。デジタル リテラシーが低い国では、ユーザーがこうしたチャットボットの落とし穴に気づかずに、事実情報の権威ある情報源だと思い込んでしまう可能性がある。
報道の自由は国によって異なり、ジャーナリストが自由に書けることと書けないことを規定しているが、ジャーナリズムに対して金銭的または倫理的な責任を負っていないテクノロジー企業は、規制当局が好ましくないと考えるコンテンツをチャットボットが生成した場合、すぐに政府の非難の的になる可能性がある。企業がまず自社の商業的利益を守ろうとするため、チャットボットが生成する応答が自己検閲の影響を受けやすいのではないかという懸念が高まっている。
こうした動きの一部はインドですでに始まっている。例えば、グーグルは、インド国内でユーザーが同社の人工知能(AI)チャットボット「ジェミニ」に尋ねることができる選挙関連の質問の種類を制限すると発表しており、また、オラのバビッシュ・アガーワル氏が設立したインドのAIスタートアップが開発したチャットボット「クルトリム」は、特定のキーワードを自己検閲していることが判明している。
ニュース会社はまた、AI ニュース要約とそれが自社のビジネス モデルに及ぼす影響にも対処しなければなりません。ビジネス モデルは通常、広告または定期購読に依存していますが、最終的には自社の Web サイトにアクセスする人数に依存します。
その結果、多くのニュース企業は、AI企業と契約を結び、そのコンテンツのライセンスをAI企業に提供して、それを新たな収入源として取り入れている。OpenAIは最近、フィナンシャル・タイムズとの提携を発表し、アクセル・シュプリンガー、AP通信、ル・モンドなどの他のメディアも同様の動きを発表している。
しかし、資金力のあるニュース出版社はコンテンツのライセンス契約においてAI企業にとってより有利なパートナーとなる可能性がある一方で、小規模なニッチな独立系出版社はそのような収益源を逃し、事業が危機に瀕する可能性があるという懸念もある。
ニコラ・コフランとルーク・ニュートンの「変身」について購読者限定
少年とサギの映画レビュー
ブリジャートン家3と傍観者・部外者としての主人公ペネロペ購読者限定
ララ・ラジパット・ライ:ステレオタイプを超えて購読者限定
サントシュの仕事は歴史を理解するための探求である購読者限定
読むべき本: 資本主義の中で生きる方法と見つけ方購読者限定
捕食者も獲物も、数が多ければ安全であることを知っている購読者限定
アトゥル・サバーワルのベルリンは痛みと孤独を描いている購読者限定
ソウミャレンドラ・バリク氏はインディアン・エクスプレス紙の特別特派員で、テクノロジー、政策、社会の交差点について報道しています。5年以上のニュースルームでの経験を持つバリク氏は、ギグワーカーの権利、プライバシー、インドに蔓延する情報格差、大手テクノロジー企業に影響を与えるさまざまな政策介入などの問題を報道してきました。また、かつては食品配達員を12時間以上尾行し、彼らが稼ぐ金額とその過程で彼らが経験する苦痛を数値化したこともあります。余暇には、時計、F1、サッカーについて熱く語ります。… 続きを読む

PDP青年部の代表であるワヒード・ウル・レーマン・パラ氏は、スリナガル下院議席の党候補者である。インディアン・エクスプレス紙とのインタビューで、同氏は渓谷地域の息苦しい雰囲気、声を取り戻す必要性、拘留と拷問によるトラウマについて語った。

元記事: https://indianexpress.com/article/technology/tech-news-technology/ai-chatbots-want-to-be-factual-but-can-they-be-a-credible-news-source-9322705/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください