包括的なツールとサービスを提供する AI 駆動型 Web3 インフラストラクチャである ChainGPT は、ChainGPT Pad ローンチ パッドを通じて、最新プロジェクトである Wisdomise AI の独占初期 DEX オファリング (IDO) を発表しました。
包括的なAI搭載の暗号通貨アドバイザーおよび投資アシスタントとして機能するWisdomise AIは、5月13日に$WSDMトークンをリリースする準備を進めている。この動きは、AI駆動の投資および資産管理サービスを幅広い投資家に提供するための、同社のより広範な戦略の一環である。
ChainGPT Padは、Web3プロジェクト向けの主要な分散型資金調達およびインキュベーションプラットフォームとしての地位を確立し、2023年に最も人気のあるローンチパッドとして認知されています。大きな破壊的可能性を秘めた新興スタートアップを選択し、革新的なアイデアを持続可能なビジネスモデルに変換するのを支援します。
ChainGPT Pad のインキュベーション プログラムは、製品開発、スマート コントラクトの実装、ユーザー エンゲージメントの強化を通じてスタートアップを総合的にサポートします。専門家による指導を提供し、影響力のあるパートナーや投資家の幅広いネットワークへのアクセスを容易にすることで、このプラットフォームは Web3 スタートアップに課題を克服して繁栄するための重要なツールを提供します。
Wisdomise AI は、金融市場によくある複雑さと情報過多を簡素化することで、経済的繁栄を高めるように設計された包括的なプラットフォームを提供します。このプラットフォームは、アクティブおよびパッシブの両方の暗号通貨投資家にとって有益な、さまざまな独自のツールとデータを備えています。さらに、Wisdomise AI には、効率的な学習、予測、取引の実行を可能にする高度な多層 AI システムである Wisdomise Brain によって管理される、完全に自動化された取引プラットフォームが含まれています。
このプラットフォームは、複雑な金融データにアクセスしやすく理解しやすいものにすることにも重点を置いており、デジタル資産の初心者投資家でも市場をよりよく理解できるようにしています。Wisdomise AI は「ウィズダムクラウド」の原則を実装することで、すべてのユーザーに利益をもたらす集合的な洞察を集約しています。さらに、Wisdomise AI は洗練された AI とパーソナライズされた金融チャットボットを活用して、デジタル資産市場内で効果的で収益性の高いやり取りを促進しています。投資情報への公平なアクセスを促進するこのプラットフォームは、暗号通貨分野で厳選された洞察と機会を提供するだけでなく、近いうちに他の市場にも拡大する予定です。
ChainGPTのCEO兼創設者であるイラン・ラクマノフ氏は、デジタル資産投資家が複雑な暗号通貨市場で十分な情報に基づいた決定を下せるようにする、洗練されたAIアルゴリズムとコミュニティおよびアクセシビリティへの取り組みについて、Wisdomise AIを称賛しました。ラクマノフ氏は、ChainGPTのInitial DEX Offering(IDO)プラットフォームでのWisdomiseの立ち上げに熱意を示し、同社の有能なチーム、熱心なコミュニティ、詳細なロードマップ、金融市場とのやり取りに革命を起こす明確なビジョンを強調しました。
Wisdomise AI の CEO 兼共同創設者である Fardad Zand 氏は、暗号通貨と従来の金融セクターの両方において、構造化された金融商品や受動的な投資機会へのアクセスは、通常、限られた少数の人々に限られていると指摘しました。しかし、Wisdomise AI のプラットフォームはこれらの障壁を打ち破り、効率的なデジタル資産投資と資産管理を促進します。
AI を統合することで、プラットフォームはすべての Web3 ユーザーがデジタル資産を効果的かつユーザーフレンドリーに投資、取引、管理する能力を強化します。IDO が将来の取り組みをサポートする準備が整ったため、Zand はトークンの発売に向けて準備を進める中で ChainGPT から提供された重要なサポートとガイダンスに感謝しました。
CGPTUSDT 取引ペアは、短期的な上昇と一時的な上昇を挟んだ大幅な下落を特徴とする、大幅な変動を経験しています。全体的な傾向は下降傾向にあり、指数移動平均 (EMA) を何度も上回ることができなかったことからもそれが明らかです。これは、市場では買い意欲よりも売り圧力が優勢であることを示しています。
現在、9日間EMAは価格のすぐ上にあり、約0.2358ドルの抵抗レベルを示しています。価格がこのレベルを上回れないことは、EMAが動的な抵抗として機能し、市場での売り手の優位性を強化し、弱気圧力が続く可能性が高いことを示唆しています。
さらに、相対力指数 (RSI) は 23.72 で、売られ過ぎの状態を示しています。これは通常、資産が過小評価されており、潜在的に反発する可能性があることを示唆しています。ただし、RSI の低レベルが持続していることは、強い弱気の勢いを示しており、即時の価格回復を妨げる可能性があります。
CGPTUSDT の現在の取引パターンは弱気の見通しを示していますが、特定されたサポート レベルとレジスタンス レベルは、市場の方向性の潜在的な変化を予測する上で重要です。0.2320 ドル付近の直近のサポート レベルは回復力を示しており、価格はこの水準で頻繁に反発しており、一時的な価格の底値である可能性があることを示しています。この観察は、このレベルで大きな買いの関心または蓄積が発生していることを示唆しており、トレーダーは価格の反発を期待してこれを潜在的な買いの機会と見なしています。
逆に、0.26ドル付近の過去のピークは抵抗ゾーンとして定着しています。トレーダーは歴史的にこのレベルを利益確定の合図として利用しており、これにより売り圧力が高まり、抵抗が強固なものとなります。
ペドロ・アウグストは、ポルトガル語と英語に堪能な金融ライター兼編集者で、金融、経済、投資を専門としています。機械工学と財務管理の学位を取得しています。
ペドロは、Seeking Alpha の株式、ETF、マクロ経済の金融アナリストであり、OctaFX や FBS などの企業で外国為替市場の熟練翻訳者を務め、特に Remitly スタートアップで通貨交換および国際送金市場のコンテンツのローカライズに経験があります。さらに、彼は Phemex や Coinpanda などの企業で働いており、暗号通貨とブロックチェーン分野の熟練したライター兼翻訳者でもあります。
このウェブサイトに掲載されている情報は、引用された執筆者のものです。投資の購入、売却、保有に関する Coinfomania の意見を表明するものではありません。読者は投資の決定を行う前に、独自の調査を実施する必要があります。提供された情報は自己責任でご利用ください。

元記事: https://coinfomania.com/chaingpt-pad-launches-ai-tools-for-wealth-management-cgpt-price-analysis/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください