スイスのスタートアップ企業ミミックは、市販のロボットアームと組み合わせて使用できるように設計されたロボットハンドのために250万ドルを調達した。
スイスを拠点とするスタートアップ企業 Mimic は、最新の資金調達ラウンドで、生成型 AI 搭載ロボットハンドの開発に着手し、ヒューマノイドロボットの分野に参入した。
研究大学であるETHチューリッヒからスピンアウトした同社は、ヒューマノイドロボット市場における「米国の優位性に挑戦している」と述べた。
Mimic は 250 万ドルの資金調達ラウンドを終えた。この資金調達ラウンドはスイスの投資家 Founderful が主導し、ドイツを拠点とするファンド another.vc、英国を拠点とする Tiny.vc、および数名のエンジェル投資家が参加した。
この資金は、より器用な作業を可能にする次世代のロボットハンドやロボットアームの開発を目指し、ロボット操作用のチームの生成AIプラットフォームのさらなる開発に使用される予定だ。
ロボットハンドは、汎用的に展開可能で、市販のロボットアームと互換性があり、完全な拡張性を実現するように設計されています。ロボットハンドは、生成 AI を使用して、人間の作業員がタスクを実行するのを見て学習し、各タスクを理解するために大規模なプログラミングを必要とせずに、示された動作を模倣します。
この設計は、企業が自動化やロボット工学に目を向ける原因となっている継続的な労働力不足に対応しており、処理能力を強化する技術に対する需要が高まっています。
同社によると、「ミミックは、人間のデモンストレーションから直接トレーニングされた最先端のAIモデルを活用し、既存の手作業のワークフローにシームレスに適合する器用で人間のようなロボットハンドでこれらの不足を緩和する予定です」とのこと。
関連:Agility Robotics、サプライチェーン全体にヒューマノイドロボットを導入
共同創業者のステファン・ダニエル・グラバート氏は、同社がロボットハンドに注力しているのは、ほとんどの産業用途では作業員は動かず、その空間のロボットは移動を必要としないという事実から来ていると語った。
「だからこそ、私たちはユニバーサルロボットハンドのデータ収集とハードウェアの創意工夫に重点を置いているのです」と彼は語った。
研究チームによると、潜在的な用途はスーパーマーケット、工業用パン焼きや料理から製造、リサイクル、製薬研究室の自動化まで多岐にわたるという。
「従来の自動化では、複雑すぎるか自動化するには経済的ではないため、しばしば無視される、退屈で低~中量の手作業タスクという大きなギャップが残されている」と共同創業者のステファン・ヴァイリッヒ氏は述べた。
「小売業から製造業まで、企業にとってこれらの業務に適したスタッフを見つけることはますます難しくなっています。AI 駆動型ロボット操作を次のレベルに引き上げることで、比類のない柔軟性と使いやすさでこれらの課題に対処できるようになりました。」
研究チームは、今年後半にロボットハンドを商業的に発売する予定だと述べた。
IoT World Today アシスタント編集者
スカーレット・エバンスは IoT World Today のアシスタント編集者で、特にロボット工学とスマート シティ技術に重点を置いています。スカーレットは、Mine Australia、Mine Technology、Power Technology で鉱物と資源の分野で経験を積んできました。彼女は 2022 年 4 月に Informa に入社しました。
Copyright © 2024 Informa PLC Informa UK Limited は、イングランドおよびウェールズに登録された会社であり、会社番号は 1072954、登録事務所は 5 Howick Place, London, SW1P 1WG です。

元記事: https://www.iotworldtoday.com/robotics/ai-powered-robotic-humanoid-hands-funded

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください