ご来場いただきありがとうございます。月曜日から金曜日まで、TNS の最高のコンテンツが届き、最新ニュースやゲームでのトップの座を維持できます。

受信トレイで確認メールを確認し、設定を調整したり、追加のグループに参加したりすることができます。

お気に入りのソーシャル メディア ネットワークで TNS をフォローしてください。

LinkedIn で TNS のフォロワーになりましょう。

最初の TNS ニュースレターを待つ間に、最新の特集記事やトレンド記事をチェックしてください。

オープンソース ソフトウェア (OSS) コンポーネントをソフトウェア サプライ チェーンに統合する場合、コンポーネントの機能性を単に評価するだけにとどまらないことが重要です。
この評価には、コンポーネントのセキュリティの徹底的な調査が含まれ、プロジェクトの開発をサポートおよび推進するメンテナーと貢献者の取り組みを含む、ソフトウェア プロジェクトの全体的な健全性を詳しく調査する必要があります。
さらに、ソフトウェアの依存関係を理解することは、ソフトウェア サプライ チェーン内のオープン ソース コンポーネントに関連するリスクを管理する上で非常に重要です。ソフトウェア部品表 (SBOM) も、使用されているすべてのソフトウェア コンポーネントの包括的なインベントリとして重要な役割を果たし、依存関係とセキュリティの脆弱性をより適切に管理できるようにします。
OSS ソフトウェア コンポーネントの信頼性とセキュリティに貢献する重要な要素について見てみましょう。これらの要素を理解することで、組織は関連するリスクを効果的に管理し、安全なソフトウェア サプライ チェーンを確保する能力を高めることができます。
現在、オープンソース ソフトウェアが世界中のデジタル インフラストラクチャのほとんどを支えているため、セキュリティはこれまで以上に重要になっています。
ソフトウェア サプライ チェーンへの OSS の安全な統合を確保するには、いくつかの重要な領域で重点的に評価する必要があります。
これらの領域を厳密に評価することで、組織は OSS の使用が高いセキュリティ標準に準拠していることを保証し、リスクを軽減し、技術インフラストラクチャの全体的なセキュリティと安定性を強化できます。
OSS のオープンな性質は、大きな利点と課題の両方をもたらします。OSS の適応性と共同開発モデルは革新と進化を促進しますが、これらの特性により、OSS はセキュリティの脆弱性の影響を受けやすくなります。
OSS の主なセキュリティ リスクは次のとおりです。
OSS セキュリティを SDLC に統合することは、リスクを軽減しながら OSS のメリットを最大限に引き出すために不可欠です。このプロアクティブなアプローチにより、組織はオープン ソースのイノベーションからメリットを得られるだけでなく、潜在的な脅威から業務を保護することもできます。
SDLC 内で OSS のセキュリティを確保するには、積極的かつ構造化されたアプローチが必要です。
OSS コンポーネントのセキュリティ体制を効果的に評価し、強化するための重要な戦略は次のとおりです。
このプロアクティブな評価はリスクを軽減するのに役立ち、サイバー脅威が絶えず進化する環境において、OSS の使用が負債ではなく資産であり続けることを保証します。
強力なセキュリティ対策を導入することは、単なるベストプラクティスではなく、脆弱性やマルウェアからアプリケーションを保護するために必要不可欠です。
OSS セキュリティを効果的に統合するための主要な戦略は次のとおりです。
SDLC 内に堅牢なセキュリティ プラクティスを組み込むと、アプリケーションのセキュリティが強化され、脆弱性のリスクが軽減され、OSS の利点を活用しながら固有の課題を軽減できます。
SDLC 内で OSS セキュリティを優先すると、脆弱性から保護されるだけでなく、ソフトウェア プロジェクトにおけるイノベーションと信頼が促進され、急速に進化するデジタル世界における回復力と信頼性が確保されます。

コミュニティが作成したロードマップ、記事、リソース、開発者向けのジャーニーは、あなたの進路の選択とキャリアの成長に役立ちます。

元記事: https://thenewstack.io/a-guide-to-open-source-software-security/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください