AI を活用したカスタマー サービス自動化のグローバル ベンダーである Yellow.ai は、業界初の Orchestrator LLM エージェント モデルを発表しました。このモデルは、AI を活用したカスタマー サービス テクノロジーの大きな進化を表しています。Orchestrator は、パーソナライズされたコンテキスト認識型の会話を提供し、最適なインタラクションのための最適な次のステップを決定しながら、顧客の問い合わせを迅速かつ正確に解決します。このコンテキスト認識型の会話モデルはすでに有望な結果を示しており、顧客満足度が 60% 以上向上しています。
従来のチャットボットは、コンテキスト認識が欠如していたり、以前のやり取りを記憶できなかったりして、ユーザーをがっかりさせることがよくあります。その結果、会話がまとまりがなく、顧客の不満につながります。これらの問題は、ボットがプログラムされた応答以外のクエリを処理する能力が限られているために発生します。これは、ユーザーの意図や発話に関するトレーニングが不十分な結果です。しかし、大規模言語モデル (LLM) は、自動化された顧客体験のパーソナライゼーションを強化できます。Yellow.ai の Orchestrator LLM は、これらの問題に正面から取り組み、顧客体験を強化し、運用コストを大幅に削減します。
Orchestrator LLM は、コンテキストの切り替えやちょっとした雑談に長けており、クエリ間のシームレスな移行を実現します。会話を巧みに分析し、複数の意図を認識し、コンテキストを維持して、突然の会話の終了を避けながらユーザーを主な目的に導きます。過去のやり取りを保存することで、Orchestrator はより包括的で人間らしい会話を促進します。顧客のニーズを予測するだけでなく、手動のトレーニングなしで適切なツールを起動します。このトレーニングの排除により、運用コストが 60% 大幅に削減され、エージェントの生産性が 50% 向上します。
Yellow.ai の CEO 兼共同創設者である Raghu Ravinutala 氏は、「LLM の潜在能力を最大限に引き出すには、強力なオーケストレーション フレームワークが必要です。当社の Orchestrator LLM は、中央統合ハブとして機能し、さまざまな AI ツールやバックエンド システムとシームレスに連携して、より一貫性のあるパーソナライズされた顧客体験を提供します」とコメントしています。当社の目標は、人間のような体験を自律的に提供できる AI ファーストのソリューションを通じて、顧客サービス セクターを再定義することです。
Orchestrator LLM のおかげで、Yellow.ai は顧客サービスを大幅に向上させています。Waste Connections の CIO である Eric Hansen 氏は、「Orchestrator LLM は、顧客サービス業界に真の革命をもたらすことができます。顧客のニーズを予測し、即座に適切な応答を提供できるため、顧客ロイヤルティと業務効率が向上します」と述べています。
Yellow.ai は Orchestrator LLM に加え、セットアップ不要で目標指向の会話、要約、Q&A 回答が可能な YellowG LLM と、インドネシア初の 11 以上の地域言語でのカスタマー サポート モデルである Komodo-7B をリリースしました。これらの LLM は厳格なエンタープライズ標準に合わせて設計されており、1% 未満の幻覚率と平均応答時間 0.6 秒で、安全で正確かつパーソナライズされたカスタマー インタラクションを提供できるようになっています。同社の堅牢な生成 AI 機能は、エンタープライズ向けの 150 を超える生成 AI ボットの導入に成功していることで実証されており、カスタマー サービス向けの AI ファースト ソリューションを提供するという同社の取り組みを示しています。

元記事: https://ecommercenews.co.nz/story/yellow-ai-debuts-industry-first-orchestrator-llm-in-ai-customer-service

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください