インドの大手フィンテック企業であるPine Labs GroupのSetuは、BFSIセクター向けに特別に設計されたインド初の大規模言語モデル(LLM)であるSesameを発表しました。
同社は、国内のAI研究会社Sarvam AIと共同で開発されたSesameは、金融サービス分野における「ChatGPTの瞬間」を示す画期的な技術であると述べた。
発表は、非営利団体 People+ai が主催するイベント Adbhut India で行われ、ナンダン・ニレカニ氏 (EkStep Foundation 共同創設者兼ディレクター)、シャンカール・マルワダ氏 (EkStep Foundation 共同創設者兼 CEO)、タヌジ・ボジワニ氏 (People+ai 代表) をはじめ、フィンテック、AI、デジタル公共インフラ界の著名人が出席しました。
Sesame はインドのデジタル インフラストラクチャを活用して、信用引受の改善、不正検出、ローン監視、アップセル/クロスセル、個人金融アドバイザリーなどの機能を強化します。このモデルは、インドの BFSI セクターに関連性の高いカスタム データでトレーニングされており、ドメインと地域に特化しています。
Setu の共同創設者である Nikhil Kumar 氏は、「Setu の使命は金融サービスを民主化することです。アカウント アグリゲーター フレームワークと大規模言語モデル (LLM) などの革新的なテクノロジーの強力な組み合わせが、これを実現する鍵であると信じています。」と述べています。
Sarvam AI の共同創設者 Pratyush Kumar 氏は、次のように付け加えています。「生成 AI は、コンピューティングの本質に大きな変化をもたらします。1 ルピーのコンピューティングでできることの価値が劇的に高まりました。Setu とのコラボレーションは、このテクノロジーを活用して BFSI 分野で価値を創造する例です。」
Sesame の発表は、インドにおける AI を活用した金融サービスの開発における重要な節目となります。Setu は Sesame を通じて、BFSI 顧客がよりスマートかつ迅速に信用判断を下せるようにし、顧客のライフサイクル全体にわたって超パーソナライズされた金融サービスを提供できるようにすることを目指しています。
Sarvam AI は現在、音声ベースのインド語 LLM にも取り組んでおり、今後数か月以内にリリースする予定です。
オープンなアンケートと賞のノミネートフォームにすべて 1 か所でアクセスできます
今後 1 年以内に、AI 搭載ゲーミング ノート PC がさらに増えると思われます。
業界のリーダーがテクノロジーの未来を再定義する、データ エンジニアリング サミット 2024 でデータ イノベーションの最前線に加わりましょう。
AIM India#280、2 階、5th Main、15 A クロス、セクター 6、HSR レイアウト ベンガルール、カルナタカ 560102
AIM Americas2955、1603 Capitol Avenue、Suite 413A、シャイアン、ワイオミング州、ララミー、米国、82001
© Analytics India Magazine Pvt Ltd & AIM Media House LLC 2024

元記事: https://analyticsindiamag.com/setu-and-sarvam-ai-unveils-sesame-indias-first-domain-specific-llm-for-bfsi-sector/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください