Red Hat は最近、Podman AI Lab を立ち上げました。この Podman Desktop の新しい拡張機能により、開発者は、ローカル ワークステーション上のコンテナ化された環境で、生成型人工知能 (GenAI) を搭載したアプリケーションを直接構築、検査、実行できます。このイノベーションは、ユーザー フレンドリなグラフィカル インターフェイスを活用し、開発者に利便性、シンプルさ、コスト効率の実用的な組み合わせを提供し、機密データの制御と機密性を確保します。
GenAI とオープンソースの大規模言語モデル (LLM) はデジタルコンピューティングの進化を引き起こし、AI 対応アプリケーションが急速に標準になりつつあります。この変化は業界全体で認識されており、IDC は 2026 年までにすべての新規アプリケーションの 40% が AI テクノロジーを統合してパフォーマンスを向上させ、新機能を実現すると予測しています。この傾向を認識して、Red Hat は Podman AI Lab を開発し、開発者がワークフロー内でインテリジェントなアプリケーション開発と AI 拡張開発機能のために GenAI を採用できるように支援しています。
新しいツールには、サンプル アプリケーションのレシピ カタログが付属しており、開発者が LLM の一般的な使用例のいくつかをすぐに使用できるようになります。これには、応答性の高い人間の会話をシミュレートするチャットボット、多数のアプリケーションや業界にわたって情報を効果的に管理するのに役立つテキスト サマライザー、反復タスクを自動化するコード ジェネレーターなどが含まれます。オブジェクト検出機能と音声からテキストへの転写機能により、提供内容がさらに充実します。
開発者にとって、コンテナは、アプリケーションの構築とテストのための柔軟で効率的、かつ一貫性のある環境を提供することで知られています。Podman AI Lab はこのニーズを満たし、開発者が API エンドポイントを使用してローカルでモデルを実行するためのローカル推論サーバーをプロビジョニングできるようにすることで、モデルを中心に追加機能を構築することを容易にします。
さらに、Podman AI Lab にはプレイグラウンド環境があり、ユーザーはモデルとインターフェイスしてそのパフォーマンスを観察できます。このソフトウェアは、ユーザーがさまざまなモデルの機能と精度を調べる際にプロンプトを表示し、特定のアプリケーションの使用例に最適な適合性と最適な設定を特定するのに役立ちます。
AI が企業に浸透し続ける中、Red Hat はハイブリッドクラウド向けの一貫性と信頼性が高く、広範囲にわたる AI プラットフォーム カタログを通じて、イノベーションを促進し、効率性を高め、付加価値を高める AI 活用の先駆者となっています。
Podman AI Lab は、Podman Desktop の確固たる強みと 100 万回を超えるダウンロード数をさらに強化します。また、このラボは Red Hat Enterprise Linux のイメージ モードとも緊密に統合されています。有名なエンタープライズ Linux プラットフォームのこの新しい手法により、オペレーティング システムをコンテナー イメージとして提供できます。これにより、開発者はラップトップ モデルのプロトタイプから、起動可能でポータブルな AI 搭載アプリケーション (ベアメタルから Red Hat OpenShift で利用可能な任意のクラウド インスタンスまで、ハイブリッド クラウドのどこでも実行できるコンテナー) に移行できます。
オープンソース技術、IT コストの削減、イノベーションの促進における 30 年の経験を基に、Red Hat は AI の統合と標準化に向けた取り組みをリードし続けています。同社の戦略は、データがどこに保存されていても AI ワークロードが確実に実行されるようにし、データ主権、コンプライアンス、運用の整合性に関する制限に対処することに重点を置いています。Red Hat のプラットフォームは、どこで運用されているかに関係なく一貫性を保つため、AI イノベーションの流れをスムーズに維持するために不可欠です。

元記事: https://ecommercenews.co.nz/story/red-hat-unveils-podman-ai-lab-to-bolster-local-ai-application-development

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください