バリュー投資の巨匠ウォーレン・バフェット氏は、新技術に注力する企業への投資を避けることで有名だが、土曜日の株主集会で急速に台頭する人工知能ツールについての考えを語った。そして「オマハの賢人」は、AI主導の未来が喜ばしいものになるか、それとも惨事になるかはほぼ同等だと考えている。
バフェット氏のコメントは、週末に開催された世界的な持株会社バークシャー・ハサウェイの年次投資家会議でなされた。同氏は、偽の動画や音声録音を通じて人間を模倣するAIの能力は究極の詐欺ツールであると指摘したが、その懸念を回避し、この技術が前向きな変化をもたらす可能性を認めた。
「もちろん、AIには良い面もある可能性を秘めているが、AIについて何も知らない人間として、AIには良い面も悪い面も大いにあると思う。それがどう展開するかは分からない」とバフェット氏はCNBCに語った。
バフェット氏は、AIソフトウェア開発の現状を20世紀半ばの核兵器技術の出現に例えた。
「核兵器を開発したときに、私たちはランプから精霊を解き放ちました。そして、その精霊は最近、恐ろしいことをしています。その精霊の力こそが、私を恐怖に陥れるのです」とバフェット氏は語った。「精霊をランプに戻す方法は私にはわかりません。AIも似たようなものです。それはランプから解き放たれた道の途中であり、非常に重要で、誰かがそれを実行するでしょう…それが社会の未来を変えるかどうかは、後でわかるでしょう。」
ますます強力になる AI ソフトウェアがもたらす潜在的な結果に対する懸念は、テクノロジー自体の進歩と並行して高まっています。
AIと核兵器を組み合わせた脅威のアナロジーは、昨年6月に非営利団体のAI安全センターが出した一文の書簡で提起されたもので、チューリング賞受賞者のジェフリー・ヒントン氏やヨシュア・ベンジオ氏を含む著名な科学者、学者、技術開発者、そしてOpenAIのサム・アルトマン氏やGoogle DeepMindのデミス・ハサビス氏を含む主要なAI研究所のリーダーらの幅広いグループの署名を獲得した。
「AIによる絶滅のリスクを軽減することは、パンデミックや核戦争など他の社会規模のリスクと並んで、世界的な優先事項であるべきだ」と声明には記されている。
AI安全センターは、この声明は、高度な将来のAIシステムによる絶滅のリスクを確立することが今や世界で最も重要な問題の一つであると考える哲学者、倫理学者、法学者、経済学者、物理学者、政治学者、パンデミック科学者、核科学者、気候科学者とともに「AI専門家の歴史的な連合」の支持を得たと述べた。
ヒントン氏は、ChatGPT、Bardなどの新興人工知能ツールの基礎を築いた研究を行った科学者として、特に注目すべき署名者だ。しかし、この英国系カナダ人研究者は、AIの進歩がもたらす危険性を懸念し、2023年3月に10年間にわたるグーグルでの勤務を終えた。
「AIのゴッドファーザー」としてよく知られるこの人物は、Googleを去ってからわずか数か月後のインタビューで、新興のAIシステムに対する懸念についていくつかの見解を語った。
「彼らはウェブ上のあらゆる情報を読んで私たちからそれを学んだので、巧みな操作者になるだろう」とヒントン氏はザ・ワールド紙に語った。「彼らは独自の目的を持ち、自らの目的を達成するために人々を操作しようとするのか、それとも私たちが何らかの方法で彼らをコントロールして自分たちを助けることができるのか?」
「自分よりも知能の高いものをどうやってコントロールするのでしょうか?それは非常に難しいことです。」
しかし、潜在的に壊滅的な結果をもたらすことに対する不安が高まっているにもかかわらず、AIの能力向上に取り組む企業に対する投資家の関心は薄れていない。
ゴールドマン・サックスのアナリストは昨年8月、2022年に920億ドル近くに達したAIへの世界投資が、2025年までに全世界で2000億ドルに近づく可能性があると予測した。
JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOは、先月発表された投資家への年次書簡の中で、AIがこの巨大銀行の業務に与えている変革的な影響について概説した。同銀行は現在、運用資産が約3兆4000億ドルで米国最大の銀行であり、世界でも5番目に大きな銀行でもある。
「当社は長年にわたり予測AIとMLを積極的に活用しており、現在ではマーケティング、不正行為、リスクなどの分野で400件以上の使用例があり、当社の事業や機能全体で真のビジネス価値をますます高めています」とダイモン氏は書いている。「当社はまた、生成AI(GenAI)がさまざまな領域で解き放つ可能性を模索しており、特にソフトウェアエンジニアリング、顧客サービス、運用、そして一般的な従業員の生産性向上に役立っています。」
昨年8月のインタビューで、JPモルガン・チェースの最高執行責任者ダニエル・ピント氏は、同社が人工知能に年間10億ドル以上を投資する計画があると述べた。投資家への声明でダイモン氏は、この技術は驚異的な変化をもたらす準備ができており、歴史上最大の技術ベンチマークのいくつかに匹敵する影響さえ与える可能性があると述べた。
「AIがビジネスにどのような変化をもたらすか、またそれが社会全体にどのような影響を与えるかは、まだ完全にはわかっていないが、その結果は驚異的で、過去数百年の主要な技術発明と同程度の変革をもたらす可能性があると確信している。印刷機、蒸気機関、電気、コンピューター、インターネットなどを考えてみよう」とダイモン氏は書いている。

元記事: https://www.deseret.com/business/2024/05/07/warren-buffett-wary-of-artificial-intelligence-extinction-event-investors-spending-billions-jamie-dimon/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください