私は AI に常に失望と興奮を覚えます。限界が見つかるたびに、新たなアップデートや新たなアプリケーションが登場し、AI をさらに飛躍させていますが、最近は創造性の一般的なベージュ化について考えています。AI はこの傾向を推進しているのでしょうか、それとも、AI には創造的な味方として未開発の可能性が秘められているのでしょうか。
私たちは数年前から AI を使っており、ChatGPT 以前にも ChatGPT を開発していました。これは OpenAI の LLM を使った The Oracle というアプリでしたが、その後すぐに OpenAI が実際の ChatGPT をリリースしたため、あっさりと閉鎖されました。このように LLM を使っていたのは私たちだけではなく、Open AI はそこに商業的なチャンスを見出していたことは間違いありません。ここでは、過去数年間に LLM とそのさまざまなアプリを使ってみて気づいたことと、Paper Moose でそれを創造性にどのように応用しているかを紹介します。
創造性におけるAIの危険性
テキスト、音楽、画像を生成する AI の能力は紛れもなく素晴らしいもので、膨大なデータセットを処理し、私たち凡人には到底不可能なほど正確にトレンドを見抜くことができます。しかし、この強みは弱みでもあり、頻繁なパターンに依存するため、予測可能な退屈な出力になることがよくあります。創造性は予測不可能なもの、新しいもの、本物のものから生まれます。AI は古いものに基づいてトレーニングされているため、これらの特性を再現することはできません。
人間の創造性の価値
Paper Moose の目的は、創造性を通じて前向きな変化を起こすことです。しかし、AI によって創造的な成果物がかつてないほど簡単に生み出されるようになった今、人間の創造性と人工の創造性をどう見分ければいいのでしょうか。それは重要なのでしょうか。私たちはそう考えています。創造性の完全性を維持するために、次のように努めています。
2008 年 11 月、Canon 5DMkII が発売され、映画制作を希望する貧しいアーティストたちにとって、突如として映画制作が簡単にできるようになりました。Paper Moose はこの技術の飛躍から生まれ、映画制作者の世代全体を刺激しました。AI が人々のアイデア実現を支援するさらに優れたツールになることを願っています。ビジネス面では、AI によって低レベルのタスクの一部が取り除かれ (少なくとも今のところは)、より高レベルのブランド戦略とストーリーテリングに集中できるようになります。率直に言って、それが私たちがベッドから起きる理由です。
要約すると、創造性における AI は矛盾です。創造性に関する従来の概念への挑戦であると同時に、革新のための素晴らしいツールでもあります。 Paper Moose では、この波に慎重に乗り、すべての創造的な取り組みが、退屈なベージュの岸辺から遠く離れ、可能な限り活気に満ちた独創的なものになるようにしています。
ニック・ハンター、ペーパー・ムース創設者兼CEO
AdNews 電子ニュースレターでは、最新の広告およびメディア ニュースを直接受信箱にお届けします。メンバーになると、毎週のニュースレターを無料で受け取ることができます。
私たちは、オーストラリア全土の土地の伝統的な管理者と、彼らの土地、海、コミュニティとのつながりを認めます。私たちは過去と現在の長老たちに敬意を表し、その敬意をすべてのアボリジニとトレス海峡諸島民に広げます。

元記事: https://www.adnews.com.au/opinion/human-ingenuity-in-the-age-of-ai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください