MBW Views は、音楽業界の著名人による独占論説シリーズです。彼らの意見は、次のとおりです。
以下の論説は、グライムスのマネージャーであり、音楽業界向けのデジタル資産管理ソフトウェアとプロトコルを専門とするロサンゼルスを拠点とする AI 開発スタジオ CreateSafe の創設者でもある Daouda Leonard (写真) によるものです。
レナード氏の会社はグライムスの人工知能プロジェクト「Elf.Tech」の背後にあり、11月にはAIを活用した新しいプラットフォーム「TRINITI」を発表するためにシード資金ラウンドで460万ドルを調達した。
ここで、ダウダ・レナードは音楽における AI の将来についての考えを詳しく説明します…
技術革新の進化の中で、人工知能 (AI) は音楽業界における変革の原動力であると同時に、潜在的な味方として台頭しつつあると私は考えています。AI と音楽の交差点に深く関わっている者として、私は、アーティストが自分たちのデータを利用する AI 企業に対して、自分たちの創作上の権利を守るために法的措置を取ることを称賛します。
この議論の核心は、メタデータ、つまり楽曲のデジタル ID の問題です。Napster の時代以来、デジタル音楽には堅牢なメタデータ フレームワークが欠如しており、楽曲は誤認や不正利用に対して脆弱なままでした。分割、連絡先情報、支払いの詳細、使用条件などのメタデータを含む包括的なデータベースが緊急に必要だと私は考えています。このような透明性は、クリエイターの権利を保護するだけでなく、AI モデルを倫理的コンプライアンスに導くことにもなります。
私にとって、アーティスト、権利保有者、AI エンティティ間のコラボレーションの物語は最も重要です。私は、メタデータをオープンソース化し、AI 主導のエコシステムで公正な報酬を実現している Grimes のようなアーティストの積極的な姿勢を目の当たりにしてきました。
この積極的な取り組みは伝統的な境界を越え、技術革新と芸術的表現が調和する協力的な精神を育みます。
さらに、私はアーティストと AI 企業の直接的な関わりを強く求めています。法的枠組みだけに頼るのではなく、コールドコール、電子メール、ダイレクトメッセージによる積極的なコミュニケーションを提唱しています。
このような対話により、クリエイターは音楽業界における AI 統合の軌道を形作る力を得ることができ、人間の創造性と AI の創意工夫の共生関係が育まれます。
AI の変革の可能性は、拡張を超えて音楽制作そのものにまで及びます。膨大な音楽データ リポジトリでトレーニングされた AI アルゴリズムは、斬新な楽曲を生成し、創作プロセスを民主化することができます。さらに、AI は個人の好みに合わせたパーソナライズされたプレイリストをキュレートすることでリスニング体験を向上させ、多様で包括的な音楽エコシステムを育みます。
私の見解では、音楽業界への AI の統合は、変革の可能性のシンフォニーの先駆けです。積極的なコラボレーションを取り入れ、メタデータ フレームワークを強化し、AI の創造力を活用することで、アーティストと権利保有者は、革新と芸術的誠実さが共鳴する調和のとれた未来を演出できます。今こそ、クリエイターが先頭に立って、AI と連携して音楽の未来を形作る時です。
この調和のとれた、流動的で、最善を尽くす未来への道のりには、課題がないわけではありません。技術の進歩には、特に AI に関しては、懐疑心や不安がつきものです。AI が人間の創造性に取って代わり、アーティストが時代遅れになってしまうのではないかと懸念する人もいます。しかし、私はそのような懸念は根拠がなく、私たちが注意を向けるべき方向を逸らすものだと考えています。もちろん、抑制と均衡のシステムが必要です。しかし、AI は競争相手ではなく協力者、つまり人間の創造性を弱めるのではなく増幅させるツールとして見なされるべきです。
さらに、音楽制作における AI の民主化効果は、いくら強調してもし過ぎることはありません。歴史的に、音楽業界への参入障壁は高く、レコーディング スタジオ、制作機器、専門知識を利用できるのは限られた少数に限られていました。AI はこれらの障壁を取り払い、コンピューターにアクセスできる人なら誰でも音楽制作の力を手にできるようにします。寝室で実験する意欲的なミュージシャンから、新しい表現の道を求める熟練したプロまで、AI はこれまで伝統と特権によって閉ざされていた扉を開きます。
音楽における AI の可能性を受け入れる一方で、倫理的な影響については常に注意を払う必要があります。AI アルゴリズムは既存の作品を非常によく模倣した楽曲を生成できるため、著作権侵害の問題が大きく浮上します。適切な保護策を講じなければ、そのような作品は元のアーティストの知的財産権を侵害する可能性があります。したがって、音楽制作における AI の使用を管理する明確なガイドラインと規制を確立し、アーティストが作品に対して正当な評価と報酬を受け取れるようにすることが不可欠です。
倫理的な考慮に加えて、音楽業界における AI のより広範な社会的影響にも対処する必要があります。自動化による仕事の喪失は、特に音楽プロデューサーやセッション ミュージシャンなど、AI による混乱の影響を受けやすい職種で働く人々にとって、正当な懸念事項です。しかし、AI には新しい機会と産業を創出する可能性があり、AI の開発、実装、保守を中心とした新しい職種の出現によって雇用喪失を相殺できると私は信じています。
さらに、AI にはリスナーとしての音楽体験に革命を起こす力があります。ユーザーの好み、コンテキスト要因、感情的共鳴を網羅した膨大なデータセットを分析することで、AI アルゴリズムはこれまでにない精度で個人の好みに合わせたパーソナライズされたプレイリストをキュレートできます。このパーソナライズされたアプローチは、ユーザーの満足度を高めるだけでなく、リスナーと彼らが愛する音楽とのより深いつながりを育みます。
未来を見据えながら現在に留まると、音楽業界への AI の統合は、広範囲にわたる影響を伴う変革的な変化を表しています。積極的なコラボレーションを取り入れ、メタデータ フレームワークを強化し、AI の創造的可能性を活用することで、イノベーションと芸術的誠実性が調和して共存する未来への道筋を描くことができます。
この新しい領域を進むにあたり、倫理的配慮と社会への影響を常に念頭に置き、AI が混乱の要因ではなく、エンパワーメントのツールとして機能するようにしていきましょう。私たちは力を合わせ、世界中の聴衆の心に響く創造性と革新のシンフォニーを奏でることができます。Music Business Worldwide
MBW のベスト記事に加え、ウェブ上で最も重要な音楽ビジネス ストーリーをお届けします。毎日、無料で直接受信箱にお届けします。

元記事: https://www.musicbusinessworldwide.com/the-integration-of-ai-into-the-music-industry-heralds-a-symphony-of-transformative-possibilities/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください